Gem-A Confirms Oldest Known Carved Tourmaline

In July 2019 Gem-A Tutor Pat Daly FGA DGA and Operations Manager Charles Evans FGA DGA visited Oxford’s Ashmolean Museum to study a unique and highly significant carved tourmaline.

Gem-A’s expertise had been requested by Gloria Staebler, co-founder of the mineralogy publishing house, Lithographie, who had been researching the piece for upcoming publication Rubellite – Tourmaline Rouge.

The 2.4cm wide intaglio depicting Alexander the Great in profile was suspected to be a carved tourmaline however the stone had never been subjected to gemmological testing. Based on the quality and accuracy of the portrait, along with the presence of an ancient Indian script in the carving, the intaglio is thought to date to the period of the famous greek king’s reign (circa 334-323 BCE).

Read more: What Should be in the Ideal Gemmologist's Toolkit?

The artefact, known to have been purchased in Beirut, has been in the Museum’s possession since 1892, when it was bequeathed by its last owner.

An intaglio, a decorative stone or other hard material with a carved impression depicting an image or design, was a popular and desirable ornament during the Third Century BCE, with common stones used for carving including carnelian, amethyst, jasper and chalcedony.

Being carved from gemstones and requiring a significant degree of craftsmanship, intaglios were luxurious items which denoted considerable wealth and status; given the relatively large size of this particular specimen, we can guess that it belonged to a rather affluent individual.

A close-up of the intaglio featuring a carved image of Alexander the Great. Photo by Charles Evans, Gem-A.

Tourmaline is the name given to a large family of minerals found in pegmatitic deposits in many locations around the world. Tourmaline can occur in a broad range of colours, however a red-yellow colouration, like the one present in the Ashmolean's intaglio, is quite a rare find.

Of the three tourmaline species, Dravite, Schorl and Elbaite, it is Elbaite that generally produces the best known gemstones. Of a number of varieties of Elbaite, the most notable and recognisable names would be Rubellite, Indicolite, Paraiba and watermelon tourmaline. It should be noted that there is often poor consistency in nomenclature among dealers and collectors which can often make discussion or identification confusing.

Read more: Getting to Grips with Multi-Coloured Gemstones

Unique colour zoning can result in wonderfully contrasting colours in a single crystal. This can occur along the length of a crystal or in a cross section. Watermelon tourmaline is the prime example of this, moving from shades of green through to shades of red. However, as is clearly visible in the stone that was examined, Rubellite tourmaline can demonstrate a shift from shades of yellow to a deep reddish purple. Tourmaline is allochromatic, so its complex and varying chemistry will define the colour.

The study at the Ashmolean brought about a landmark gemmological finding as Daly and Evans’ observations, aided with the use of a GemmoRaman spectrometer, confirmed that the stone was indeed a red-yellow tourmaline, making it the earliest known use of tourmaline as an ornament.

The question that this amazing specimen poses is, if one third-century carved tourmaline definitely exists, could there be more out there?

Considering a career in gemmological research? Take a look at our Gemmology Foundation and Gemmology Diploma courses. 

Have you booked your ticket for the Gem-A Conference yet? Find out how to book and discover some of the fascinating talks we have lined up here.

Cover image: The Ashmolean Museum's red-yellow tourmaline intaglio depicting the profile of Alexander the Great. Photo by Charles Evans, Gem-A.

Additional Info

Read more...

GEM-Aが彫刻された最古のトルマリンを確認

 

2019年7月にGem-Aのチューター、パット・デイリー(Pat Daly)FGAと、業務部長チャールス・エヴァンズ(Charles Evans)FGA DGAが、ユニークで非常に重要な彫刻されたトルマリンを調査するため、イギリス、オックスフォードにあるアシュモリアン博物館を訪問しました。

Gem-Aは鉱物学の出版社Lithographieの共同創設者であるグロリア・ステブラー(Gloria Staebler)氏の依頼を受けました。この出版社は近々出版する書籍『Rubellite – Tourmaline Rouge』のために彫刻されたトルマリンについて調査をしていました。

この石は宝石学的な検査を受けたことがありませんでしたが、アレキサンダー大王を描いた幅2.4cmのインタリオはトルマリンであると考えられていました。この肖像は質が高く精巧で古代インドの文字が一緒に刻まれていることから、このインタリオは彼が有名なギリシャ王であった紀元前334-323頃のものとされています。

インタリオ―これはベイルートで購入されたことがわかっている―は最後の所有者によって遺贈された1892年より博物館の所蔵品となりました

インタリオ、つまり肖像やデザインを刻んだ装飾用の石または他の硬い素材は紀元前3世紀に人気を博した魅力的な装飾品でした。そして、カーネリアン、アメシスト、ジャスパー、カルセドニーなどが一般的に彫刻に使用されました。

宝石の彫刻には高度な技巧が必要とされるため、インタリオはかなりの富と地位を意味するラグジュアリーなアイテムでした。この試料は比較的サイズが大きいため、裕福な個人が所有していたと考えることができます。

アレキサンダー大王が彫刻されたインタリオ。写真:Charles Evans, Gem-A.

トルマリンは、世界中の多くの場所にあるペグマタイト鉱床で見つかる鉱物の「族」につけられる名前です。トルマリンには幅広い範囲の色がありますが、アシュモリアン博物館のインタリオのような赤色-黄色は非常に珍しいものです。

トルマリンの3つの変種、ドラバイト、ショール、エルバイトのうち、一般的によく知られている宝石を生むのはエルバイトです。いくつかあるエルバイトの種類のうち、最も有名なものは、ルベライト、インディコライト、パライバ、ウォーターメロン・トルマリンです。ディーラーやコレクターの間では命名法に一貫性が乏しく、議論または鑑別における混乱が生じる点に留意する必要があります。

単結晶において、特有のカラー・ゾーニングは不思議にも対照的な色になることがあります。これは結晶の長手方向に沿って、または、横断面で起こります。ウォーターメロン・トルマリンはこの好例で、色は緑色から赤色へ次第に変化します。しかし、調査した石で明確に見られるように、ルベライト・トルマリンは黄色から濃い赤紫色を示すことがあります。トルマリンは他色であるため、その複雑で様々な化学的性質が色を決めます。.

GemmoRaman分光計を使用して行ったデイリーとエヴァンズの観察報告により、石は実際に赤色-黄色のトルマリンであり、装飾品として使用された最古のトルマリンであることを確認しました。そしてこのアシュモリアン博物館における調査は、画期的な宝石学的発見をもたらしました。

この素晴らしい試料によって疑問が生じます。3世紀に彫刻されたトルマリンが確かに存在するならば、他にもこのような石があるのではないか?ということです。

アシュモリアン博物館に収蔵されているアレキサンダー大王が彫刻された赤色-黄色を示すトルマリンのインタリオ。写真:Charles Evans, Gem-A.

Additional Info

Read more...
Subscribe to this RSS feed

Subscribe to our Newsletter
Keep updated with Gem-A
  • Gemmology Events
  • The Journal of Gemmology
  • Gem-A News&Blogs
Sign Up

Get in Touch
Can't find what you're looking for?
  • The Gem-A Headquarters are conveniently located next to Hatton Garden
  • Opening Hours: Monday to Friday 9:00-17:00
Contact Us