誕生石ガイド:1月生まれのあなたに捧げるガーネット

 

幸運なことに1月に生まれた方は、美しく、明るく、鮮やかなガーネットが誕生石です。虹色 の宝石、ガーネットは実に様々な色をもつ鉱物で、業界では処理を行わないごくわずかな宝石 の一つに数えられます。

ガーネットは様々な彩度、種類、色相がある絵具のパレットのようであり、豊かな歴史と伝説 があることでも知られています。ヴィクトリア時代の王族、古代エジプト時代の歴代王、古代 ローマ人をはじめ、多くの時代で好まれた宝石です。


きれいなホーステール・インクルージョンが見られるデマントイド・ガーネット。写真:Pat Daly

ガーネットの色

ガーネットは赤色部に強いスペクトルもち、ざくろの実を思い起こさせるような赤褐色を帯び たオレンジ、濃いバイオレット、ロイヤル・レッドの色合いを示します。「ガーネット (garnet)」は14世紀中期に使用されていた濃い赤色を意味する英語の「gernet」にちなみ、 さらにはラテン語の「ざくろの実(種)」を意味する「グラタナス(granatum)」に由来する 名前です。これはガーネットの結晶がざくろの種や濃い赤色に似ているためです。ガーネット とは、赤色のパイロープ・ガーネットから趣のある緑色をしたツァボライト・ガーネットまで 、鉱物のグループを指す用語です。

ガーネットの色が様々であるのは、マンガン、鉄、クロムなどの微量金属によるものです。ガ ーネットの変種で異なる化学組成は、硬度に6.5-7.5の範囲をもたらす原因となります。

偏光器下でのガーネットとペリドタイト。写真:Pat Daly

左: フェザー・インクルージョンを伴うスペサルティン・ガーネット。右:結晶インクルージ ョンを伴うヘソナイト・ガーネット。写真:Pat Daly

ガーネットの種類

ガーネットには、同じ結晶構造にもかかわらず、若干異なる化学組成をもつ5つの主な変種があ ります。

  • アルマンディン:紫色から帯橙赤色
  • パイロープ:紫色から帯橙赤色
  • スペサルティン:橙色から黄色
  • アンドラダイト:黄色から帯黄緑色
  • グロッシュラー:無色から黄色、帯橙赤色、鮮やかな緑色(稀少)

 

ガーネットはどこで採れるのか?

ガーネットはオーストラリア、インド、チェコ共和国、ミャンマー、ブラジル、スリランカな ど世界中の多くの国々で見つかります。19世紀にはジュエラーのピーター・カール・ファベル ジェ(Peter Carl Fabergé)が製作した多くの作品にガーネットが用いられ、ロシアの王族に愛 されました。ボヘミアやロシアは19世紀の最初のガーネットの産地として記録されていますが 、現在では、タンザニアやナミビアでガーネットが豊富に採取されます。

デマントイド・ガーネットのホーステール・インクルージョンを拡大した写真。写真:Pat Daly

ガーネットの歴史と古代の伝説

ガーネットには長い間語り継がれてきた歴史と多くの言い伝えがあります。「誠実の宝石」と して知られるガーネットは健康、繁栄、平和の力をもち、この石を身に着ける者は善い行いを して報われると言い伝えられてきました。鮮やかで強い印象をもつガーネットは、活気に満ち た1月に生まれの方に相応しい石であると考えられています。そして、ガーネットを着ける 人は新たな目標をもち、希望と幸福を感じながら新年を迎えることができるとされています 。

また、戦いに臨む人々は勝利と身の安全を祈る護符としてこの宝石を使いました。多くの戦士 たちが病気や貧窮を防ぐために身に着け、戦いで負った傷に石を当て、治癒を促すものとして 使用しました。さらに歴史を遡ると、エジプトではガーネットを生命の象徴としてジュエリー や彫刻に象嵌しました。古代ローマ人は好んでガーネットをシグネット・リング(印章付きの 指輪)に用いました。これは石に沈み彫りを施し(インタリオ)、重要な文書に封印をするも のです。健康にも効果があるとされたため、歴史を通じて聖職者や貴族階級の間で珍重され続 けました。


マリ産のガーネット。写真:Pat Daly

今日、ガーネットはリング、ペンダント、ティアラなど様々なジュエリーに使用されています 。その色と透明度が、作品を価値ある素晴らしいものに仕上げているのです。

ガーネットが使われた大変有名なジュエリーの例として、ヴィクトリア時代に製作されたスミ ソニアン・パイロープの髪飾り(the Smithsonian Pyrope Hair Comb)が挙げられます。頂上の 中央石を取り囲み、ティアラの形をした髪飾りを装飾するパイロープ・ガーネットは、ボヘミ アの鉱山(現在のチェコ共和国の一部)で採取されたものです。このローズ・カットを施した ガーネットはメッキをした金属またはイエロー・ゴールドにセットされました。この作品が流 行したヴィクトリア時代には人気のあるスタイルでした。

今年の成功を祈る護符として、また1月生まれの方への贈り物として、個性的なガーネットのフ ァイアと煌めきは、強く感情を揺さぶり、時を超えた美しさをもつことでしょう。

 針状のルチル・インクルージョンを伴うマラヤ・ガーネット。写真:Pat Daly

表紙:結晶インクルージョンを伴うアルマンディン・ガーネット。写真:Pat Daly ©Gem-A

 

問い合わせ

お探しの情報が見つからない、またはご質問等は、education@gem-a.com までEメールにてご連絡ください。